HOME > ブログ > 内装仕上げ検査のご紹介
リペア事業部
2017/03/09

内装仕上げ検査のご紹介

A.K
ブログ

ハンズは、住宅の内装補修(リペア)のほかに、仕上げ検査業務も行っています。工事の進捗状況に従い、多様な検査が必要になります。住宅は、お客様にとって人生で一番大きな買い物です。お客様の立場で、設計どおりの施工ができているか、内装はパンフレットどおりに仕上がっているか、床や壁などにキズ・汚れはないか等、細かなところも徹底的にチェックします。お客様目線で検査を入念に行うことで、皆様のお役に立つ仕事をしています。今回はハンズで行った、「勝どきの現場」の内装仕上検査の仕事ぶりをお伝えします。写真は「床下点検口チェック」の様子。

 

キズ・汚れチェック

些細なキズや汚れも見逃さず、スピーディーにチェック。

 

キズ・汚れチェック

床だけでなく、ドアなどもしっかりチェック。

 

壁下地チェック

家具や金物を取り付ける壁に、下地材が入っていることを確認。

 

収納家具チェック

備え付け収納家具の開閉の動作を確認。扉一枚一枚を丁寧にチェック。

 

床下点検口チェック

配管のつなぎの状態や取り付けビスの締りなど、床下の点検口内も厳しくチェック。

 

壁点検口チェック

多様な配線、配管が走る壁の点検口内部をミラー等を用い全て確認。

 

寸法計測

キッチンや洗面台の高さは図面どおりか確認。

 

寸法計測

天井高も、設計図面どおり仕上がっているか最終確認。

Facebookで更新情報をチェック!