HOME > ブログ > アルミサッシの窓枠キズ補修
リペア事業部
2018/11/06

アルミサッシの窓枠キズ補修

R.K
ブログ

アルミサッシの窓枠キズ補修については、高度な技術が必要です。吹き付け塗装になりますので、吹き付け後に色むらがあってはいけません。現状の窓枠の色と全く同じ色を出しキズを無くします。また、吹き付け作業になりますので、養生をしっかりすることが大事です。噴霧が飛び散らないよう、噴霧角度など注意が必要です。当社には、ベテラン作業員が揃っており、高い技術で安全に作業しています。サッシの窓枠補修の主要な作業工程をご紹介します。

 

窓枠のこのキズを補修します。かなり大きく深いキズです。しっかり補修します。

 

キズの表面ふき取り。キズと周辺をきれいにし、ゴミの混入を防ぎます。

 

キズの状態を確認。キズの大きさや深さ等を再確認し、補修方法を検討します。

 

養生。吹き付けでは、塗料が周囲に飛散するため必ず養生をします。

 

ヤスリかけ。キズがついた時の衝撃で、周辺がゆがんでいます。ヤスリをかけゆがみを取ります。

 

パテ処理。パテでキズを埋め、余分なパテを取り除き平らにします。

 

吹き付け塗装。吹き付けを行い、慎重に周囲と同じ色に合わせます。

 

ドライヤーで乾燥。すばやく表面を乾かし、ほこり等の付着を防ぎます。

 

吹き付け確認。色むらや凹みなど無いかしっかり確認する。

 

最後にふき取り。塗料粉末や汚れをとり作業完了、新品と同様になりました。

Facebookで更新情報をチェック!