HOME > ブログ > 揚重作業の高卒2年目の現地報告
建築事業部
2019/11/18

揚重作業の高卒2年目の現地報告

Y.I
ブログ

昨年入社の高卒生(写真左)の現況をレポートします。入社1年半ですが、現場にも慣れ自分で判断し作業できるようになって来ました。まだまだ半人前ですが、今後の成長が楽しみです。今回は高層マンションでの作業をレポートします。揚重作業は、安全に、スピーデイに、且つ質の高い作業が求められます。これからいろんな現場を経験し、どんな物でも、どんな状況でも事故や破損なく、お客様の期待に応える仕事をするには、覚えることは沢山あります。先輩に教わりながら、現場経験をシッカリ積んで目指せ職長!

 

朝のミーティング、職長から危険箇所や立入禁止場所などの説明をうける。

 

班長から本日の作業について、更に細かな指示を受けています。

 

さぁ、作業開始! 先ずは搬入階の段取りや作業確認から始めます。

 

ユニットバス用のパネルは仕上げ材です。角をぶつけないよう注意して運びます。

 

運搬する動線を良く確認!! 配管材も踏まないように注意する!

 

パネルにも色々な種類があります。各部屋で使用する品番に仕分けします。

 

作業の進み具合や作業手順を、職長がしっかり見ていてくれています。

 

割れやすい資材が続いています。気を緩めないよう細心の注意をして運ぶ!

 

初めの頃は持てなかった大きなパネルも、上手く運べるようになりました。

 

お疲れさま! 今日も安全作業、頑張って破損ゼロを続けています。

Facebookで更新情報をチェック!