安全衛生推進活動

建築現場においては、安全が何よりも重要です。ハンズは災害や事故を無くすため、現場で働くスタッフの教育に特に力を入れています。

社員とスタッフが安全に対する共通の認識を持ち、全社一丸となって取り組むことが災害防止に繋がるものと考えます。

安全第一をモットーに、これからも品質の高いサービスを提供してまいります。

雇入れ時教育・送出し教育研修

建築事業部に採用されたスタッフは、町田出張所にて現場作業の基本動作とルール、安全な作業方法、各種資材の名称などを学びます。さらに、社員と教育担当のベテランスタッフが現場で4日間の研修を実施します。この研修では、現場での危険作業、危険ポイント、資材搬入のルール、基本動作、各種工事の基本作業を実際に作業しながら教育しています。

また、リペア事業部に採用されたスタッフは、本社にて安全と補修作業の基本技術を学びます。安全な作業方法、補修に必要な道具の使い方など、サンプルを使って技術研修を行っています。

雇入れ時教育

建築事業部 雇入れ時教育

雇入れ時教育

リペア事業部 基本技術教育

安全衛生協議会

毎月1回、事業部毎に安全衛生協議会を開催しており、全スタッフが参加しています。安全衛生協議会では、安全教育、自主安全パトロールの報告、災害防止に向けて事例勉強、またお客様からのご要望や連絡事項の周知徹底を行っています。

安全衛生協議会終了後には、社員とスタッフのコミュニケーションを図るため、懇親会を行っています。

  安全衛生協議会

安全衛生大会

毎年安全週間準備月間にあたる6月に建築事業部、リペア事業部合同による安全衛生大会を開催しています。安全衛生大会では、ゼネコン安全担当者様の安全講和や安全優秀スタッフの表彰などを行っております。

また、安全衛生大会終了後、参加者全員で親睦を図るため、パーティを開催しています。

  安全衛生大会

職長・安全衛生責任者教育

社内に2名のRSTトレーナーがおり、随時スタッフに職長・安全衛生責任者の資格を取得させています。
現場をより安全に管理するため、各現場に最低1名の職長資格保持者を配置しています。

自主安全衛生パトロール

事業主、安全担当、工事担当による自主安全衛生パトロールを実施しています。災害防止と質の高いサービスを提供するため、スタッフの指導、教育を継続して行っています。